本文へスキップ

ジェイリサ−チ探偵事務所 DV保護命令申立手続き

 DV防止法「保護命令申立手続き」 

配偶者からの暴力等に関する保護命令申立

配偶者から暴行罪又は傷害罪に当たるような暴行を受けたことがあるか又は生命・身体に対して害を加える旨の脅迫を受けたことがあり,今後,配偶者からの身体に対する暴力によりその生命身体に危害を受けるおそれが大きいときに,その被害者は保護命令の申立てができます(配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律「DV防止法」という。) DV防止法は,平成26年1月3日に改正法が施行され適用の範囲がより拡大されています。

申立書を提出する裁判所
1.相手方の住所の所在地(日本に住所がないとき又は住所が不明なときは居所)  
2.申立人の住所又は居所の所在地 3.当該申立てに係る配偶者からの暴力・脅迫が行われた地を管轄する地方裁判所 申立手数料・・・1000円の収入印紙を申立書に貼付します。
予納郵便切手内訳 2500円分
(内訳:500円×2枚,280円×2枚,100円×5枚,50円×5枚,10円×17枚,1円×20枚)

保護命令とは
相手方からの申立人に対する身体への暴力を防ぐため,裁判所が相手方に対し,申立人に近寄らないよう命じる決定です。 なお,(3)の子への接近禁止命令,(4)の親族等への接近禁止命令,(5)の電話等禁止命令は,必要な場面に応じて被害者本人への接近禁止命令の実効性を確保する付随的な制度ですから、 単独で発令することはできず、申立人に対する接近禁止命令が同時に出る場合か、既に出ている場合のみ発令されます。

接近禁止命令
6か月間、申立人の身辺につきまとったり、申立人の住居(同居する住居は除く。)や勤務先等の付近をうろつくことを禁止する命令です。
退去命令
申立人と相手方とが同居している場合で,申立人が同居する住居から引越しをする準備等のために,相手方に対して,2か月間家から出ていくことを命じ、かつ同期間その家の付近をうろつくことを禁止する命令です。
子供への接近禁止命令
子供を幼稚園から連れ去られるなど、子供にに関して申立人が相手方に会わざるを得なくなる状態を防ぐため、必要があると認められるときに,6か月間,申立人と同居している子の身辺につきまとったり,住居や学校等その通常いる場所の付近をうろつくことを禁止する命令です。
親族等への接近禁止命令
相手方が申立人の実家など密接な関係にある親族等の住居に押し掛けて暴れるなどその親族等に関して申立人が相手方に会わざるを得なくなる状態を防ぐため必要があると認められるときに,6か月間,その親族等の身辺につきまとったり,住居や勤務先等の付近をうろつくことを禁止する命令です。
電話禁止命令
6か月間,相手方から申立人に対する面会の要求,深夜の電話やFAX送信,メール送信など一定の迷惑行為を禁止する命令です。
保護命令に違反すると
保護命令に違反した者には,1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。

徳島のジェイリサ−チ探偵事務所

ジェイリサ−チ探偵事務所

〒770-8075 徳島県
徳島市八万町千鳥12番地19

TEL 088-612-7388
FAX 088-677-3738
徳島県公安委員会探偵業届出
第80170001号


ジェイリサ−チ探偵事務所 相談フォ−ム