本文へスキップ

不倫の悩み相談室。不倫関係解消と浮気の再発防止策を提案する徳島の探偵社

 不倫関係解消

○ 不倫関係の円満な解消方法

探偵社が提案する不倫関係解消方法 徳島県徳島市の「不倫相談室」不倫関係の解消と夫婦関係の
 円満な修復をサポ−ト。

 不倫相手と別れさせて、もう一度やり直したい。
 浮気の証拠を元に、夫婦間や親族を交えての話し合いでも、
 対応方法を 誤れば問題の解決は困難になります。

 浮気相手と別れたと思っても、それは一時的なもので再発
 する場合があ ります。これは、あなたが今後の生活や子
 供の将来を考えすぎて、初期 対応を誤るからです。
 初期対応を誤れば、不倫関係は継続して、夫婦関係が更に
 悪化すること があります。下記で詳しく説明しています
 ので参考にして下さい。


徳島県徳島市の不倫関係の悩み解消と円満な夫婦関係再生をサポ−トします。

離婚しないが、浮気も続けたい

不倫関係の当事者は「家族も大切だが不倫も続けたい。」と、結婚生活と恋愛は別問題だと都合の良い考え方をしています。私が当事者から聞いた言葉では「浮気ぐらい誰でもしている。」「バレなかった 問題は無い。」と男女共に平然と主張して、自分の欲望の為に、犠牲になる配偶者のことは考えていません。「バレなかったら良い」「発覚しなければ良い」百歩譲って、浮気が発覚しないと誰も傷つくことはありませんが 絶対にバレない浮気はありません。犯罪に例えると、初めて万引きをして成功すると、絶対に見つからないと安易に考え同じことを繰り返し、やがて警察に逮捕され悪いことだと自覚します。 浮気をする男女にも似た傾向があり、この間違った考え方を根本的に変えて、大きな間違いだと自覚させることで目が覚めます。

浮気をする男の考え方

男性の場合には、一時的な遊び感覚で浮気をしても、1回限りで終わることは少なくて回数を重ねてることで情が移り、最初はSEX目的であっても徐々に相手にのめり込み、恋愛感情へと発展します。 これは年齢には関係なく、60歳になっても70歳になっても、考え方は独身時代の恋愛感情と同じで別れた後でも強い未練を引きずります。これは、若い男女が恋愛を両親に反対されても聞かないのと同 じようなものです。男性の場合には、中途半端な対応では再発することが多く、交際期間が長いほど関係解消が困難になります。

浮気をする女の考え方

女性の場合には、男性と比べて、恋愛感情より性的な欲望や、家庭内のストレスを発散するために浮気をするケ−スが多く、長期的に不倫関係を続けることは少ないでしょう。 浮気が発覚した場合や、自分が危険だと判断した場合には、自ら不倫関係を解消することがあり、これは浮気が夫や子供に知られることを恐れるからです。既婚女性の浮気では独身女性のように、デ−トの 過程でホテルに行くのと違い、待ち合わせてホテルに直行して、ホテルを出るとすぐ別れることが殆どで会っている時間が短時間なので、配偶者にも発覚しづらいようです。

浮気はとても危険なことです

これは私共が実際に経験した事例を元に記載しています。
浮気が原因で自己破産したケ−ス。
40歳代後半の公務員の夫に対する相談で訪れた妻の話で、夫の浮気を疑うようになり、ある日夫の携帯電話を確認した所、女性とメ−ルをしていることを確認し、内容から浮気に確信を持って当社に相談 にきました。メ−ルの内容はすべてメモに記載しており、その内容から見て浮気をしていることは確実で、後日調査依頼の契約をすることになりました。調査開始前に事前に入手できる情報や資料収集の 為に、車のダッシュボードや持ち物を確認するように説明し、契約日に訪れた依頼者が持参した資料を拝見して驚きました。

この資料の中には、ズバリ二人がSEXをしている写真、浮気相手に関する情報「氏名・住所・勤務先名」もあり、既に証拠は完成している状況でした。その他の資料の中には、カ−ドのキャッシング明細 書、指輪やブランド物のバッグを購入した時の多額のカ−ド控え等があり、この時点で確認できたものだけで総額500万円以上の借金がありました。既に浮気の証拠が揃っており調査の依頼は受けていませんが、浮 気相手への慰謝料請求のアドバイスや相談を受けていましたが、浮気相手は会社を退職して行方が解らず請求を断念し、その後夫は退職して行方不明になり、自宅は夫の借金は900万円で差し押さえとなりました。
夫は公務員で小学生の二人の子供とマイホ−ムがあり、一見幸せな家庭から。・・・・

浮気相手の素性は確認しない

結婚をする場合には、相手がどこの誰かも解らない状況で入籍することはありませんが、浮気の場合には本人重視なので、相手の素性が解らなくても関係は始まります。 相手が独身だと言っても既婚者である場合。素性の悪い恋人がいる場合。どちらも発覚するとトラブルに巻き込まれるケ−スで、最終的にお金で解決する必要がある場合や、それ以上のこともあります。 結果的に、単なる浮気から大変な事態になる場合もあります。

一度痛い経験をすると、同じ事は繰り返さない

不倫の当事者は男女共に、罪悪感はほとんどありません。
上記の様な被害に遭うケ−スは少ないと思いますが、可能性が無い訳ではありません。本人が被害が無くても、既に配偶者は被害者であり、できる限り早期に本人に自覚させて、不倫関係を解消する必要が あります。自覚させる方法で最も効果があるのは、制裁を与えることです。この制裁は非合法で無く、合法的な方法で実行することができ、 不倫関係の解消は勿論、浮気の再発防止にも相当な効果があります。当社には30年の経験と実績があります。

「この不倫解消方法の特徴。」
この不倫関係解消方法は、あなたが依頼した事実が発覚することはありません。
この方法は、不倫関係当事者に別れる原因を作り出し、不倫が悪いことだと自覚させ自ら関係を断ちきります。この不倫関係解消方法は、あなたが確認できない状況で行うものではありません。 この方法には、あなたの協力が必要になり、本人の日々の状況の変化を観察して行う、心理的な作戦の要素もあるので、状況の変化をあなたが直接確認することができます。この方法を実施した依頼者の感想では、配偶者が浮気相手から離れていく状況の変化を確認することができ、 合法的な制裁と復讐ができたと言われています。


不倫関係解消に必要なもの

あなた自身が入手した浮気の決定的な証拠や、他の探偵社の調査報告書でも可能です。
浮気を立証する証拠が無い場合は、浮気の事実を推認できる情況証拠が必要になりますので、詳細については、ご相談時に経緯や状況を詳しくお伺いさせて頂きます。

浮気の証拠収集については → 浮気調査のペ−ジをご覧下さい。
ご自身で証拠収集を行う方は→ 証拠収集のペ−ジをご覧下さい。

◎ご相談時の注意事項
お電話の場合にはリダイヤルの削除、メ−ルの場合は送受信の履歴を必ず削除して下さい。当社へのご相談発覚防止のため、電話相談時に社名応対はしていません。また、自宅の固定電話使用や 自宅内からの通話も控えて下さい。



徳島不倫相談室

「徳島県浮気調査事例1」  ラウンジホステスと浮気・・・「夫を許すのが早すぎた妻」
「徳島県浮気調査事例2」  浮気相手が3人の絶倫中年・・「サ−クル仲間との浮気」 
「徳島県浮気調査事例3」  職場不倫で離婚した妻・・・・「夫婦共通の友達との浮気」
「徳島県浮気調査事例4」  ダブル不倫の悲劇・・・・・・「浮気調査の依頼者が浮気」
「徳島県浮気調査事例5」  浮気相手に慰謝料請求・・・・「妻が一人で裁判で争う」
「慰謝料請求・判決例」   夫の浮気相手に慰謝料請求・・「判決文の一部を紹介」

不貞行為とは  離婚調停とは  夫婦関係円満調停  徳島県ラブホテル一覧

不倫関係解消方法TOP

徳島県徳島市の不倫の悩み消相談室

ジェイリサ−チ探偵事務所

〒770-8075徳島県
徳島市八万町千鳥12番地19

TEL 088-612-7388
FAX 088-677-3738
徳島県公安委員会探偵業届出
第80170001号


ジェイリサ−チ探偵事務所 不倫関係解消相談フォ−ム