本文へスキップ

不貞行為

 不貞行為とは

不貞行為

民法770条第1項

不貞行為とは、民法第770条で定められた5つの法定離婚原因の一つです。

1.配偶者に不貞な行為があったとき。
2.配偶者から悪意で遺棄されたとき。
3.配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
4.配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
5.その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

不貞行為とは、配偶者のある者が、自由な意思に基づいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶことで
性的関係を持つことは、夫婦の貞操義務に違反する行為となります。
これを法律上で不貞行為と言います。不貞行為は、一般には浮気と言う異性間の性交渉が該当します。
不貞行為は、民法第770条の法定離婚原因に規定されています。

(浮気相手)
夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者「浮気相手」は、故意又は過失がある限り配偶者を誘
惑するなどして肉体関係を持つに至らせたかどうか、両者の関係が自然の愛情によって生じたかどう
かにかかわらず、他方の配偶者としての権利を侵害し、配偶者の被った精神上の苦痛を慰謝すべき義
務があり、不貞行為をした側は、配偶者に慰謝料を支払う義務を負うことになります。

(慰謝料請求)
浮気相手に、不貞行為を理由に損害賠償請求をする場合には、請求する側「原告」が、配偶者と浮気
相手との間に「性交を確認又は、推認できる証拠」を立証しなければなりません。




徳島のジェイリサ−チ探偵事務所

ジェイリサ−チ探偵事務所

〒770-8075 徳島県
徳島市八万町千鳥12番地19

TEL 088-612-7388
FAX 088-677-3738
徳島県公安委員会探偵業届出
第80170001号


ジェイリサ−チ探偵事務所 相談フォ−ム