本文へスキップ

浮気相談室。浮気発見時の対応方法

 浮気Q&A

 疑いだけで追求してはいけません。

初期段階の対応を間違うと、問題の解決は困難になります。
浮気の可能性があっても、疑いだけで追求してはいけません。メ−ル・通話履歴等から、浮気をしていると思っても、この疑いの段階で追求しても素直に認めることはなく、この事が原因で夫婦関係が悪化 して喧嘩が絶えないようになります。疑われた本人は浮気の発覚を防ぐために、証拠の隠滅や警戒心が非常に強くなり、探偵社に調査を依頼する場合でも、証拠の入手が困難になります。

 友達に相談する場合の注意点。

あなたが既に離婚を決意した場合、友達に同じ経験者がいる場合には問題はありません。
但し、迷っている場合や、あなたの気持ちの中に浮気相手と別れたら、もう一度やり直したいと思っている場合には、友達にには相談しない方が良いでしょう。これは、配偶者に裏切られ精神的なショック を受けている状態で、信頼する友達の誤ったアドバイスが原因で、人生が変わることがあります。長年の親友でも他人は他人であり、人は人の幸せな話より、不幸な話に興味があるものです。

 夫婦間交渉で失敗する原因。

強く追求すると「離婚すると言い出さないか?」「別居にならないか?」
あなたに離婚の意思は無く、これからの生活や子供のことを考えた場合、あまり強く追求すると本人が離婚すると言い出さないかと不安になります。しかし、弱気になって安易に許すと本人は開き直り、堂 々と関係を継続して、最終的に離婚という結果になります。
でも安心して下さい。当社が提案する不倫関係解消方法は、この様な心配はありません

 夫の両親に相談する場合の注意点。

厳格な父親から厳しく叱ってもらおうと、夫の両親に相談する方もいます。
これは今までの経験上相談する意味は無く、腹立たしい結果になる場合が殆どで、厳格な父親であると期待しても、「一時的なものだから我慢しなさい。」「この原因は嫁にもある。」等と、結果、息子を擁護するだけで、その後の関係が気まずくなります。

 不倫相手に慰謝料を請求。

不倫相手への慰謝料請求は「不法行為による損害賠償請求」と言う裁判になります。
裁判と聞くと難しいイメ−ジがありますが、明確な証拠があれば誰でも簡単に行うことができ、当社の依頼者の方の中にも、弁護士に依頼せず行うこともあります。訴状の作成見本はネットでも公開されて おり、当社でも参考資料として、実例を紹介することができます。

 不倫相手に慰謝料を請求した結果。

浮気相手への慰謝料請求は、社会的な制裁だと考えた方が良いでしょう。
依頼者の中には「慰謝料を500万円」請求すると言う方もいますが、実際の判決では請求額を大幅に下回る判決しか出てないようです。当社の経験でも、女性依頼者が慰謝料300万円の請求訴訟をした ところ、不倫相手は弁護士に依頼して争い、判決では100万円の慰謝料が決定されました。不倫相手は慰謝料と、弁護士費用を支払必要がありますが、この費用を不倫相手が依頼者の夫が請求し支払ったとこともあります。 慰謝料を請求したからと言って、不倫関係が解消できるとは限りません。

 不倫相手に直接抗議する。

浮気相手に直接抗議する。配偶者と二人並べて抗議したい。
この様に考える方もいますが、実際に経験した方の感想では、殆どの方は怒りが増すだけの結果になっています。被害者であるあなたは常識的な人間で、不倫相手はモラルのない非常識な人間です。非常識な不倫相手との交渉を一人で行った場合には、 相手の態度や言い分から更に怒りが増して、結果的にトラブルになり警察沙汰になることもあります。

 不倫関係の解消方法について

この不倫関係解消システムを実施する上での重要ポイントは、あなた自身の協力です。
協力とは、システムの進行段階での配偶者の態度や状況を観察して、その変化に応じて進めて行くのであなた自身が効果を実感することができます。この不倫解消システムは、配偶者と不倫相手に別れるきっかけと原因を作りだし、 不倫関係を消滅させるので、あなたが依頼した事実は、絶対に判明することはありません。

浮気Q&ATOP

配偶者の浮気発覚時の対応方法

ジェイリサ−チ探偵事務所

〒770-8075 徳島県
徳島市八万町千鳥12番地19

TEL 088-612-7388
FAX 088-677-3738
徳島県公安委員会探偵業届出
第80170001号


ジェイリサ−チ探偵事務所 相談フォ−ム